連載「無力の人」四

この本は、お坊さんの書いた本ですが、あまり抹香臭くありません。
宗教は死者のためのものではなく、生きている人のためにあるはずです。
端的に言えば、神や仏を前に「いかに生きるか」を示すのが宗教。

となれば、抹香臭くなる方がおかしい。などと私などは思ってしまいます。 さて、今回の本の紹介ですが、プライドのお話です。プライドに振り回されて、自分の大切 なものを忘れてしまう怖さです。

「プライド教」もまた宗教ですから、「生き方」を決めてし まいます。プライドの奴隷となる生き方です。 そんな奴隷のような生き方をして、金や名声を得ても虚しい。と著者は説きます。

一方で、何も持たずに幸せに腹も減らしたことのない乞食巡礼者などが登場します。 プライドなんかに騙されずに、それでいて富や名声をゲットできれば最高ですね。 さらに読み進むと、人生も富も何のためにあるのか、という話に進みます。

話が少しとびますが、最近、とある住宅メーカーがサステナブル(持続可能)なライフスタイル を紹介するブログを運営しています。イシキタカイ系と揶揄されそうですが、22世紀、つまり 百年先に通用するようなシンプルな生き方を模索しており、読んでいて楽しいです。

流行やブランド、見栄でモノを買うべきではなく、ホンモノを買いましょうという「生き方」を示しています。これこそが幸せだと。 古今東西、およそ生き方だの真理は単純なものです。

でも、人間はとても愚かにできているのか、こうした教えが当たり前と思っていても、 いざ幸運や不運に見舞われるとたちまち自分を見失い、プライドに支配されたり、歪んだ 考えが頭をもたげ、大きな失敗をします。 そんなことにならないよう、本書を座右の書として活用されれば編集者としてこれに勝る喜びはありません。

以下、書籍へのリンクです。

「無力の人」はやさしくなれる! 庵那章人著

連載「無力の人」三

一失一得
『「無力の人」はやさしくなれる!』の内容紹介です。

今の若い方は、とても頭が良く合理的だと思います。
ですから、先に損する話を嫌います。

ところが、世の中不思議なもので、損をしないと、苦労をしないと人は成長しません。過保護な親に育てられた子どもは、先に楽をして後から苦労します。
利益だけ考えると、なぜか業績不振となり倒産します。

「合理的」と思っていたことが、もしかしたらとんでもない勘違いだったのかも知れない。よくよく考えれば当たり前の話なのですが、私たちは損すること(苦労することも)を恐れすぎてしまったのかも知れません。

幸不幸は表裏一体。
幸せだけが必要と洗脳されてませんか?
不幸はすべて忌むべきものでしょうか?

と著者は問いかけます。

と、ここまでは分かりやすい部分です。このあと著者は、一歩踏み込んできます。
分かっていてもできない自分に凡夫の悲哀を感じたりします。

不幸、損、苦労を前にして著者が説く態度。これこそが肝要であるようです。

詳細は、こちら↓からお願いします。
https://goo.gl/BgTA18

連載「無力の人」二

タイトルの「無力の人」についていろいろと考えさせられます。 富やプライド、名誉などは自分を縛るものでもあるようです。 あればあったで失う恐怖もひとしおです。

大切なのは、今日、今、この瞬間。無力でも自由な生き方を知らねば、 何を持っていても成功者ではないと著者は説きます。 序文に「本当の自分」という言葉がでてきます。 「本当の自分」というと自分探しとか、どこか遠くに旅して探すなどと 揶揄を含めて言及される言葉です。

この本では、もっとシンプルに、「今」をテーマに自分を知ろうと呼びかけます。 ここでは大金持ちになっても逃れられない病、人の不条理などもわかりやすく説明されて います。 富や名声、健康について考え、不安や渇望に苦しむより、その前に知るべき簡単な方法があるのです。

著者は、ZENMASTERその他いろいろと肩書きを書いていますが、本当のところは、厳しい修行をしてきた名刹の住職です。ZEN→禅とくれば「不立文字」を連想される方もいらっしゃるかも知れません。文字では伝えきれないものがある。 著者は、それでも私たちに何かを語りかけようとしています。 そのエッセンスや各エピソードのさわりをこれからも掲載していきます。

『戦場の科学』数学監修者

同書の数学監修者が決まりました。
桐野健智氏です。 略歴は、東京大学大学院 工学系研究科  修了 工学修士です。

数式のチェックのみならず、グラフなどの見せ方も数学的な見地からご意見を頂いています。数式に慣れていない方でもグラフであれば、一目瞭然。のはずが、分かりにくいものがあったりします。これをななおしています。

論旨の組み替え、定義の明確化などもあり、順次監修が進んでいるとのことです。

高等数学に遠ざかっていた方でも、グラフと説明文で理解が及ぶようにまとめるつもりです。

乞うご期待。

新年祈祷会

『「無力の人」はやさしくなれる!』の著者、庵那章人さんの主催する新年祈祷大祭がありましたので、お邪魔してきました!

功徳を求めず、ひたすら空っぽになるお経だそうです。病気が治るとか、商売が繁盛するとか、一切の欲を忘れてしまう祈祷大祭。自我の迷妄をぶちやぶる何かを感じました。横に置いてある衣類は、参加できなかった方々のもの。肌着祈祷だそうです。

大音声の祈祷が終わると、こんどは穏やかな講話です。明日のために必要なものは? 一ヶ月後に必要なものは? すべて今日があってこそ。今日をしっかり向上心を持って生きる事が大切。次いで大切ながらなかなかできないのが、感謝すること、反省すること。

中には今日の不幸、例えば病に悩む方もいます。しかし、病を知らずに体を酷使したらもっと短命だったかも知れない。病を得たことで体に気を遣いもっと長生きすることがあるのだ、といったお話でした。

日常生活に追われ、こうしたことを考える時間の少なくなった現代人にとって必要な何かがそこにはありました。

16406653_230916480702128_3591815186850444912_n

制作中の書籍の紹介①

今期刊行予定の『戦場の科学』の一部を順次紹介していこうと思います。本書では、カウンターフォース戦略とカウンターバリュー戦略について語っている章があります。
戦力と工業力(生産力)を比較すると戦力が優位ですから、戦力を先に潰す戦略(カウンターフォース戦略)が有効であると本書では解説し、数式で証明していきます。
戦力が相対的に弱く、生産力が強い国が勝つことは通常ない、と著者は述べています。時間があれば生産力が戦力を生み出すので、この限りではありませんが、通常、戦力に優位に立つ者はその時間的余裕を相手に与えません。
対して、カウンターバリュー(カンターシティ)戦略は、敵の生産力を削減し結果として敵戦力の減衰を狙う戦略です。この戦力を採用し、相手方がカウンターフォース戦略を採用した場合、後者が有利(一定の条件のもと)となることなども説明されています。
なお、この理論が出て来たのは、第二次世界大戦中から冷戦期の話です。
それ以前のスペイン内戦でのゲルニカ空襲、日本による重慶爆撃、ナチスドイツによるロンドン空襲などは、抗戦の意志を挫くことが主たる目的であり、こうした戦略とは無縁の話となります。
今後も本書のエッセンスを簡単に説明し、皆様のご購入にあたっての検討材料としていきたいと思います。

連載のお知らせ

山梨日日新聞朝刊(2016/12/16)の14面(文化・くらし)で弊社刊行、庵那章人著『「無力の人」はやさしくなれる!』が紹介されました。著者へのインタビュー記事です。

今後、このブログで、本書の魅力を項目別にご紹介していきたいと思います。また、歴史ある禅寺、名刹の住職である著者・庵那章人のライフワーク、修行の一環である全国行脚についてもこちらで順次、掲載していきます。
人知れず、厳しい修行をいまも黙々と続けている庵那章人さん。この体得した境地を皆様にお届けします。
購入はこちら
2016%e5%b9%b412%e6%9c%8817%e6%97%a518%e6%99%8258%e5%88%8625%e7%a7%92

ブログ開設のお知らせ

皆様、当はるかぜ書房のブログにご訪問頂きましてありがとうございます。

ここでは主に著者や作品について語ったり、スタッフの日記などを掲載していきます。作者や本の魅力を少しでもお伝えできればと思います。

また、このブログを通じて弊社の情報も発信してまいりますので、今後とも末長くよろしくお願い申し上げます。

弊社公式ウェブサイト http://www.harukazesshobo.com
当ブログ       http://www.harukazeshobo.com/blog
twitterアカウント   https://twitter.com/harukazeshobo